高額療養費の自己負担限度額が変わります

 平成30年8月から高額療養費の自己負担限度額が変わります。主な変更は現役並み所得区分(一部負担金が3割負担である被保険者の区分)が現役並み所得区分『Ⅰ』・『Ⅱ』・『Ⅲ』に細分化されることです。この変更にともない現役並み所得区分『Ⅰ』・『Ⅱ』に該当する被保険者が、当該区分の自己負担限度額までの支払いに抑えるためには、限度額適用認定証の交付を受け、医療機関に提示することが必要となります。なお、現役並み所得区分『Ⅰ』・『Ⅱ』に該当する被保険者が限度額適用認定証を提示しない場合は、現役並み所得区分『Ⅲ』とみなされ、一時的に実際の区分を超えた支払いが必要となりますが、超えた分は後日、高額療養費として埼玉県後期高齢者医療広域連合から払い戻されます。

 限度額適用認定証の交付については申請が必要です。詳しくはお住まいの市区町村の後期高齢者医療担当窓口へお問い合わせください。

 

高額療養費制度について こちらをクリックしてください

 

限度額適用認定証について こちらをクリックしてください

 

各種パンフレットについて こちらのページから

 

市町村担当窓口課一覧はこちらから

ページの先頭へ