後期高齢者医療の被保険者証(保険証)が更新されます

令和元年8月1日、後期高齢者医療の被保険者証(保険証)が更新されます。

 

  • 新しい被保険者証はお住まいの市区町村から7月中にお届けします。
    ※7月末になっても届かない場合は、各市区町村の後期高齢者医療の担当にお問合せください。
  • 新しい被保険者証は左端が紫色となっています。
  • 医療機関等を受診するときは、必ず被保険者証を提示してください。
  • 新しい被保険者証は受け取った日から使うことができます。
  • 医療機関等での一部負担金の割合は1割または3割です。
    ※ 令和元年8月1日から一部負担金の割合が変わる方は、一部負担金の割合欄に括弧書きが 記載されています。
    例:「1割(令和元年7月31日までは3割)」の場合は、7月31日まで3割、8月1日から1割です。
  • 古い被保険者証(左端が茶色)はご自身で処分してください。(市区町村の後期高齢者医療担当窓口でも回収しています。)

 

市区町村の後期高齢者医療担当窓口はこちら

ページの先頭へ