高額な外来診療を受ける皆さまへ

平成24年4月1日からは、高額な外来診療を受けたとき、限度額適用・標準負担額減額認定証や被保険者証を提示すれば、ひと月の医療機関等の窓口での支払いが一定の金額にとどめられます。
これまでは、高額な外来診療を受けたとき、ひと月の窓口負担が自己負担限度額以上になった場合でも、いったんその額をお支払いいただき、後で医療保険者から高額療養費としてお返ししていましたが、平成24年4月1日からは、医療機関等の窓口に限度額適用・標準負担額減額認定証等(※)を提示すれば、限度額を超える分を支払う必要はなくなります。また、保険薬局、指定訪問看護事業者についても同様の取扱いを受けることができるようになります。
限度額適用・標準負担額減額認定証は、事前に申請し、交付を受ける必要があります。

 

(※)非課税世帯等の方 :「限度額適用・標準負担額減額認定証」
 「後期高齢者医療被保険者証」
非課税世帯等ではない方 :「後期高齢者医療被保険者証」

 

○限度額適用・標準負担額減額認定証申請方法、自己負担限度額等
こちらをクリックしてください。

 

○高額な外来診療を受ける皆さまへ(厚生労働省ポスター)
こちらをクリックしてください。

ページの先頭へ