埼玉県の保険料

 保険料は、被保険者全員が等しく負担いただく「均等割額」と被保険者の前年中の所得に応じて負担いただく「所得割額」の合計額をもとに、4月から翌年3月までの12か月分(加入月数に応じて減額されます。)が、被保険者一人ひとりに賦課されます。

 

保険料
均等割額
所得割額
賦課のもととなる所得金額×所得割率

 

※賦課のもととなる所得金額とは、前年の総所得金額及び山林所得金額並びに株式・土地・建物

 等の譲渡所得金額等の合計額等から基礎控除額33万円を控除した額です。(雑損失の繰越控除

 額は控除しません。)
※年金収入のみの被保険者については、収入額が153万円以下の場合は、所得割額は課されませ 

 ん。
※計算の結果、10円未満の端数がある場合には、その端数を切り捨てます。

 

平成30・31年度の均等割額及び所得割率については、以下のとおりです。

 

均等割額

 41,700円

所得割率 7.86%
賦課限度額
62万円

 

※均等割額及び所得割率は、後期高齢者医療制度の収支状況を踏まえ、2年ごとに改定されます。

 

参考(過去の均等割額及び所得割率並びに保険料の賦課限度額)

「過去の均等割額及び所得割率並びに保険料の賦課限度額」についてはコチラをご覧ください

(クリックすると新しいページへ移動します。)

 

保険料の軽減について

 一定の要件に該当する方は、保険料が軽減される場合があります。

「保険料の軽減」についてはコチラをご覧ください。

(クリックすると新しいページへ移動します。)


令和元年度(平成31年度)の保険料額算定例


「令和元年度(平成31年度)の保険料額算定例」についてはコチラをご覧ください。

(クリックすると新しいページへ移動します。)

    ページの先頭へ