生活療養費標準負担額(入院)

  • 被保険者が療養病床(※)に入院したとき、食費と居住費(光熱水費)については、標準負担額を被保険者にお支払いただき、残りは広域連合が負担します。

     

    • 療養病床とは、長期にわたり療養を必要とする方のための病床です。

     

  • 低所得世帯(低所得者Ⅱ、低所得者Ⅰ)に該当する方は、お住まいの市区町村に申請して「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けてください。食費、居住費が次のように減額されます。

 

生活療養標準負担額

  • 入院医療の必要性の高い方以外の患者の場合
区 分 生活療養標準負担額
食費(1食) 居住費(1日)
現役並み所得者・一般 460円(※1) 370円
低所得者Ⅱ(※2) 210円
低所得者Ⅰ
(※3)
老齢福祉年金受給者以外 130円
老齢福祉年金受給者 100円 0円
指定難病患者 食事療養費
標準負担額の表の額
0円

 

  • 1 保険医療機関の施設基準などにより420円の場合もあります。
  • 2 「低所得者Ⅱ」とは、世帯の全員が市町村民税非課税の被保険者(低所得者Ⅰ以外の被保険者)のことです。また、過去1年の入院日数が90日を超えますと、食費(1食)が160円となります。
  • 3 「低所得者Ⅰ」とは、世帯の全員が市町村民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費を差し引いたとき0円となる被保険者(年金の場合は年金収入80万円以下)のことです。

 

  • 入院医療の必要性の高い方の患者の場合
    入院医療の必要性が高い方は、食事療養費標準負担額の表の額になります。居住費の負担は、1日につき370円となります。

     

    食事療養費標準負担額

ページの先頭へ