食事療養費標準負担額(入院)

  • 被保険者が入院したとき、食事の費用については、標準負担額を被保険者にお支払いただき、残りは広域連合が負担します。
  • 低所得世帯(低所得者Ⅱ、低所得者Ⅰ)に該当する方は、お住まいの市町村に申請して「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けてください。食事代が次のように減額されます。

 

食事療養費標準負担額
区分 食事療養標準負担額(1食)
【1】 現役並み所得者・一般
(【2】及び【3】以外の方)
(※1)
一食につき460円
【2】 低所得者Ⅱ
(※2)
過去1年の入院日数が90日以下 一食につき210円
過去1年の入院日数が90日超 一食につき160円
【3】 低所得者Ⅰ
(※3)
一食につき100円

 

  • 1 指定難病患者の方は1食あたり260円に据え置かれます。
    平成28年4月1日において、既に1年を超えて精神病床に入院している患者および合併症等により転退院した場合で同日内に再入院する方については、経過措置の対象として、1食あたり260円に据え置かれます。
  • 2 「低所得者Ⅱ」は世帯の全員が市町村民税非課税の被保険者(低所得者Ⅰ以外の被保険者)
  • 3 「低所得者Ⅰ」は世帯の全員が市町村民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費を差し引いたとき0円となる被保険者(年金の場合は年金収入80万円以下)

 

申請手続

 申請は、お住まいの市町村の後期高齢者医療制度担当窓口へお願いします。
→市町村窓口(担当課)一覧はこちらから

 

【申請に必要な書類】

  • 限度額適用・標準負担額減額認定申請書
  • 被保険者の入院期間の分かるもの
  • 住民税の非課税証明書(世帯)
  • 被保険者証(保険証)
ページの先頭へ