広域連合の概要

広域連合とは

 広域連合とは、地方自治法に規定されている地方公共団体の一つです。
 広域連合については、総務省のホームページにも詳しく載っています。
  ⇒広域連合(総務省ホームページ)へ

 

埼玉県後期高齢者医療広域連合について

 平成20年4月から、新しく「後期高齢者医療制度」が始まりました。75歳以上(一定の障がいのある方は65歳以上)の高齢者(以下「高齢者等」)の皆さまは、これまでの国民健康保険や被用者保険から「後期高齢者医療制度」に加入することになります。
 この制度の主たる運営は、県内すべての市町村が加入する「埼玉県後期高齢者医療広域連合」が行い、都道府県単位での財政運営を行うほか、保険料の決定、医療の給付などを行います。お住まいの市町村では、被保険者である高齢者の皆さまの窓口となり、被保険者証の交付や保険料の徴収などを行います。埼玉県内の高齢者等の皆さまは、県内一律の保険料を納めていただき、被保険者証を医療機関に提示して、診療を受けることになります。
 「埼玉県後期高齢者医療広域連合」は県内の高齢者等の皆さまのために、健全かつ適正な後期高齢者医療制の運営に取り組んでまいります。

 

名称 埼玉県後期高齢者医療広域連合
設立年月日 平成19年3月1日
広域連合の区域 埼玉県内
構成団体 埼玉県内の全市町村
処理する事務 法律に規定する後期高齢者医療制度の事務のうち、次の事務を処理
  1. 被保険者の資格管理に関する事務
  2. 医療給付に関する事務
  3. 保険料の賦課に関する事務
  4. 保健事業に関する事務
  5. その他制度施行に関する事務
運営経費等
  • 広域連合の運営に係る経費は、埼玉県内全市町村の負担金、事業収入、国の支出金等で賄う。
  • 医療費は、国、埼玉県及び埼玉県内全市町村の公費、高齢者等の保険料、若年者の保険料で賄う。

 

埼玉県後期高齢者医療広域連合の組織

H30組織図

 

埼玉県後期高齢者医療広域連合の情報公開・個人情報保護について

こちらをご覧ください。

ページの先頭へ