運営のしくみ

後期高齢者医療制度は、埼玉県内の全市町村で構成する「埼玉県後期高齢者医療広域連合」が運営の主体となり、保険料の決定、保険証の交付、医療を受けたときの給付などを行います。
お住まいの市町村では、保険料の徴収、各種申請・届出の受付、保険証の引渡しなど、被保険者の皆さんにとって身近な窓口業務を行います。

 

運営のしくみ

 

財源構成

財源構成は、患者負担を除き、公費(約5割)、現役世代からの支援(約4割)のほか、高齢者からの保険料(1割)で構成されます。

財源構成

ページの先頭へ